WordPress無料テーマ「OnePress」の設定方法や使い方を解説!2022年版

WordPressテーマで「これはすごい!」と思った無料テーマが「OnePress」です。

ただ、海外のWordPressテーマということもあってか、設定方法(使い方)を解説している情報が少ないんですね。

そこで今回、無料WordPressテーマ「OnePress」の設定や使い方を解説しよう♪と思い、下記にまとめたので参考にしてくださいね。

初心者さん向けに解説していくので、WordPressはじめてさんもご安心くださいね。

■まだWordPressがない人はこちらが最初↓
ここで解説しているテーマが必要になるのは、WordPressを持った後です。
まだWordPressがない場合は、こちらを先に進めてくださいね。
WordPressの始め方!超簡単なホームページのはじめ方

 

OnePressで作ったサイト例

無料WordPressテーマ「OnePress」を使って作ったホームページがこちら♪

(引用:https://lipstyle-family.com

 

こだわりのドッグフード販売店の店長さんが、実店舗販売だけでなくネットでもドッグフードを販売していきたいとのことで、ホームページを作りました。

生まれて初めて作るWordPressでのホームページですが、そんなふうに見えないですよね?!

デザイン面でも、情報面でも、必要としている内容が必要としている人にきちんと届くホームページとなりました。

 

(引用:https://lipstyle-family.com

 

こんなふうにイラストアイコンを使ってお店の詳細ページに飛ぶ仕掛けも「OnePress」を使えば簡単に設置できます。

くるみ
はじめてでもこんなに綺麗に作れるわんね!すごいわん!
sayaka
OnePressの力を借りれば、表現したいことをきちんと実現できるのが嬉しいよね

「OnePress」がおすすめな理由とおすすめな人

無料WordPressテーマで「これはすごい!」と思ったテーマが「OnePress」です。

私がすごい!と思った理由は…

ここがすごい!OnePress
  • デザインが美しい
  • 設定がシンプル(設定する場所が少ない)
  • 感覚派の人も設定しやすい
  • デザインの変更を見ながら設定できる
  • 無料で使える機能で十分なサイトが完成する

 

どんな人におすすめかというと…

こんな人におすすめ
  1. ホームページを作りたい(メディアサイトやブログじゃなくてホームページ)
  2. 初めてホームページを作る
  3. 初期コストを抑えたい(テーマはまずは無料から始めたい)

 

という場合には、試してみる価値ありです。

実際に私も、コンサルを受けてくださっている何人もの方に「OnePress」を紹介しています。

 

sayaka
去年までは日本の会社が作っている無料テーマ「Lightning」をご紹介していたのですが、初心者さんにはかなり設定が難しくなってしまったので、2022年現在の1番のおすすめ無料テーマは「OnePress」です

「OnePress」をWordPressに入れよう!テーマの設定方法

まずは、WordPressに、テーマ「OnePress」を入れましょう(これをインストールといいます)。

設定する場所:外観→テーマ→新規追加

で行っていきます。

「外観」をクリックすると、テーマ一覧が出てきます。

(出てこない場合は、外観→テーマをクリックすると出てきます)

テーマ一覧が出てきたら「新規追加」をクリックして、新しいテーマを入れていきます。

 

 

「新規追加」をクリックすると、様々なテーマがばばばば〜っと表示されます。

1枚1枚見ながら探すのは大変なので、右上の検索ボックスに「OnePress」と入れて、今回入れたいテーマ「OnePress」を探してください。

 

 

「OnePress」が見つかったら、「インストール」をクリックして、インストール(WordPressに入れる)をします。

「インストール」の文字が見つからない時には、OnePressの上にカーソルを持ってくると表示されますよ。

 

 

「インストール」をクリックして無事に完了すると、「有効化」のボタンが出てきますので、「有効化」をクリックします。

くるみ
有効化は「このテーマを使うよ〜」ってことわん

 

「有効化」してはじめて、これを使うことを確定します!ということになります。

 

 

以上で、OnePressのテーマになりました!

次に、実際に内容を作っていく前にしておくべき設定があるので、そちらの説明に進みます♪




「OnePress」を入れたら最初にする設定

「OnePress」が有効化(これを使うよ〜という設定)ができたら、ホームページの細かい設定に入る前にしておくべき設定があるので、そちらを行いましょう。

この設定をしておかないと…

くるみ
参考サイトのように綺麗にできないわん
くるみ
思ったデザインにならないわん
くるみ
設定する場所がないわん

となりますので、要注意。

OnePressのデモデザインをインストールする

「OnePress」のテーマを入れて、有効化ができたら、次にするのはデモデザインを入れることです(インストールすること)。

デザインのパターンが2つあるので、好きな方を選んで、設定します。

設定場所:外観→OnePressテーマ→デモインポート

デモインポートを開くと、中に2つのデザインが入っているので、どちらか好きな方を選んで「Smart Import」をクリックします。

 

 

「Smart Import」をクリックすると下記の表示が出るので「ImportNow」をクリックします。

 

 

「ImportNow」をクリックすると、1つずつ順にチェックマークがついていくので、終わるまで待ちます。

 

 

sayaka
1分もかからないはずです

 

 

全てにチェックマークがついて「All Done!(全て完了)」の文字が出てきたらOK!

「All Done! View Site」もボタンをクリックします。

以上でデモデザインのインストールが終わりです。

ここまでの設定ができてはじめて、ホームページの詳細設定(カスタマイズ)を行うことができます。




「OnePress」使い方を簡単に解説

WordPress無料テーマ「OnePress」が無事に入ったので、あとはホームページのコンテンツ(内容)を入れていくだけです。

ホームページの詳細設定は「カスタマイズ」で行います。

「OnePress」はどこでカスタマイズをするの?

カスタマイズを開始する方法は2つあるので、やりやすい方で行ってください。

  1. プレビュー画面を開く→カスタマイズ
  2. ダッシュボードを開く(管理画面を見る)→外観→カスタマイズ

 

sayaka
どちらでもOKです。1つの部屋に入るのに2つの扉があるだけなので、どっちから入っても同じ場所にたどり着くし、毎回別の扉から入っても問題なしです

 

プレビュー画面からカスタマイズを開始する↓

 

管理画面からカスタマイズを開始する↓

 

「OnePress」のカスタマイズ画面

カスタマイズ画面の全体像はこちらです(↓)。

 

 

左側で設定を行います。

設定メニュが縦に並んでいるので、上から順番に1つずつ設定していくのがおすすめです。

 

設定を行ったら、必ず「公開」ボタンをクリックしてください。

「公開」を押すことで設定(もしくは更新)が確定されて、ホームページへ反映されます。

 

 

テーマ「OnePress」の良いところは、画面を見ながらカスタマイズ設定ができることです。

多くのテーマの場合、管理画面で文字や画像を設定するので、どこの設定を行っているのか?今何を設定しているのか?どんなふうに反映されているのか?が分からないんです。

初心者さんは、そこが混乱しやすいポイントなので、ユーザーからどんなふうに見えるのか?の画面を見ながら作れるのは、とっても分かりやすくて進めやすいですよね。

 

初めてのテーマになると、最初は「何これ〜><」ってなるかもしれませんが、最初だけです。

それは、技術がないわけでも、WordPressが苦手なわけでもなくて、単に慣れてないだけです。

なので、触る時間が増えていけば、自然とどこで何の設定ができるのか掴めるようになりますので、頑張って完成を目指して作ってくださいね٩( ‘ω’ )وファイト

 

くるみ
この記事がためになった♪楽しかった♪という方は
sayaka
公式LINEのご登録をお願いします♪

 

北海道、石川、大阪…全国からご相談いただけて
新規の方に数ヶ月お待ちいただいている状況になれた方法をLINEでこっそりお伝えしています♪

 

▶︎「集客につながるホームページの秘密」が届くLINEを受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)