スプレットシートの関数を使いこなそう!個数を数える(カウントする)方法

スプレットシートは、Google社が提供している、Excelに似た機能です。

 

くるみ
Excelは有料だけど、スプレットシートは無料で使えるワン♪

 

スプレットシートとExcelは、微妙に使い方が異なるので、戸惑うこともありますよね。

 

今回は、スプレットシートの「個数を数える(カウント)させる」関数を使いこなそう♪というテーマでお伝えしていきますね。

 

スポンサーリンク


 

スプレットシートの関数を使いこなそう!個数を数える(カウントする)とは?

スプレットシートの関数を使いこなせば、手計算をしなくても、自動で計算をしてくれるので便利です。

 

時間短縮ミスをなくすことにつながるので、ぜひ知ってくださいね!

 

sayaka
覚える必要はありませんので、忘れてしまったらまたここに見にきてください♪

 

スプレットシートを使って「個数を数える(カウントする)」というのは、例えばこういう感じです。

 

 

こちらは、ブログ記事の数を管理するための表です。

スプレットシートを使って管理しています。

 

どの月に何回ブログ記事を書いたのか?を知りたいときに、これからお伝えする「関数(=数式)」を入れるだけで、自動で計算をしてくれます。

 

10個以内なら、自分で数えても苦にならないですが、数が増えると大変です。

 

それに、変更が生じた時にミスに繋がる可能性も増えますので、スプレットシートに自動計算してもらっちゃいましょう♪

 

スプレットシートで個数を数える(カウントする)関数は2つ!選び方は?

スプレットシートで個数を数える(カウントする)関数は2つあります。

 

  1. COUNT関数
  2. COUNTA関数

 

2つの関数から、「何を数えたいのか?」によって最適な方を選びます。

 

COUNT関数 数値の個数を計算
COUNTA関数 文字の個数を計算

 

COUNT関数は、

指定した範囲の数値の個数を計算します。

数字や金額など数字が入っている欄が何個あるか?を計算したい時に使います。

 

COUNTA関数は、

指定した範囲の文字の個数を計算します。

人の名前や科目など文字が入っている欄が何個あるか?を計算したい時に使います。

 

スプレットシートで個数を数える「COUNT関数」の使い方

スプレットシートで、指定した範囲の数値の個数を計算する場合は、COUNT関数を使います。

 

使い方は簡単です♪

たったの3ステップでできますよ。

 

COUNT関数ステップ1
表示させたい欄を選択します。

 

 

COUNT関数ステップ2
挿入→関数→COUNTを選びます。

 

 

COUNT関数ステップ3
「=COUNT()」と出てくるので、表示させたい範囲を入力します♪これで終わりっ♪

 

 

スプレットシートで個数を数える「COUNTA関数」の使い方

スプレットシートで、指定した範囲の文字の個数を計算する場合は、COUNTA関数を使います。

 

使い方は簡単です♪

たったの3ステップでできますよ。

 

COUNTA関数ステップ1
表示させたい欄を選択します。

 

 

COUNTA関数ステップ2
表示させたい欄を選択し、挿入→関数→統計→COUNTAを選びます。

 

 

COUNTA関数ステップ3
「=COUNTA()」と出てくるので、表示させたい範囲を入力します♪これで終わりっ♪

 

 

おわりに

スプレットシートの関数についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

 

簡単すぎて驚いちゃったのでは?

 

便利な機能は他にもたくさんありますので、これからもブログで使い方をご紹介していきますね。

 

くるみ
この記事がためになった♪楽しかった♪という方は

sayaka
LINE@のご登録をお願いします♪

 

*LINE@でこぼれ話を配信中*

・ウェブ発信
・FB活用方法
・日々のこと
・先行ご案内
・特典など♪

一緒におしゃべりできたらと
LINE@をはじめました。

お友達追加はイラストをクリック!

LINE@4

IDの最後は「L」の小文字です

LINE@でお会いできることを
楽しみにしています♪