ケセラセラ(QueSeraSera)本当の意味は「明日は明日の風が吹く」ではない

「ケセラセラ(Que Sera,Sera)」って言葉を知っていますか?

 

どんな意味を持った言葉なのか?や、何語なのか?は知らなくても、「ケセラセラ」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

今回は、「ケセラセラ」の本当の意味を考えつつ、私を「ケセラセラ」と生きられるにしてくれた恩師おふたりのご紹介をしますね。

 

「ケセラセラ」の本当の意味は「明日は明日の風が吹く」ではない

「ケセラセラ」は、私の好きな言葉の1つです。

 

「ケセラセラ」は「なんとかなるさ」と訳されます。

 

だから私も、「ケセラセラ」を「明日は明日の風が吹く〜」的な、ノーテンキな意味なのだと思っていました。

 

でも本当の意味は違うそうです。

 

「ケセラセラ」の本当の意味は、

人生は自分次第でどうにでもしていける

なのだそうです。

 

素敵ですよね!!!

 

「ケセラセラ」の言葉のニュアンスが

「人生を自分のチカラでなんとかしてやる!」っていうガツガツしたもの(野心に燃えてる)ではなくて、

 

イラスト メラメラ

 

「人生は自分次第だもの♪どんなふうにでもつくっていけるね♪」というお花畑をスキップしているような軽やかさがあって、その軽やかさも、私が「ケセラセラ」という言葉が好きな理由でもあります。

 

軽やかさ

 

「ケセラセラ」と人生を生きるようになった私/恩師との出会い

「ケセラセラ」の本当の意味「人生は自分次第でどうにでもしていける」だと知ったのは、「ケセラセラ」というタイトルのブログを開設しようと思ったことがきっかけでした。

 

ブログのタイトルにするために、年のために改めて意味を調べていたところ、本当の意味と出会いました。

 

それが今から2年前です。

 

そして、自分の人生に対して「ケセラセラ(人生は自分次第でどうにでもしていける)」と思えるようになったのも、ちょうど同じ頃でした。

 

いつも根底に漠然とした不安や恐怖があって、人生を受け身で過ごしていました。

 

そんな私を「ケセラセラ」と思えるようにして下さったのが、永田武(ながたたけし)さんと渚ひろし(なぎさひろし)さんのおふたりです。

 

さらにおふたりは、「ケセラセラ」な人生を生きていけるチカラを私に身に付けて下さいました。

 

DJ

 
 

私が「ケセラセラ」と生きていけるようにしてくれた内容を、永田武さんと渚ひろしさんが動画にしてくれています。

 

▶️動画のご案内ページ

注意)2017年11月22日(水)23:59 までです

 
 

私は、2年前にFacebookのシェアがきっかけで、永田武さんと渚ひろしさんのことを知りました。

 

(そして説明文もほとんど読まずに直感でおふたりのコミュニティ「Dreamer’s Journey(ドリーマーズジャーニー)」に参加しちゃいました。)

 

おふたりに出逢えて本当に本当に本当に本当に幸せなので、今度は私がご紹介させていただきました。

 

クリックしただけで勝手にお申し込みになったり、クリックした方のお名前が私にバレるということもないので、ご安心くださいね。

▶️動画のご案内ページ

341f10c1ceefbb50d482ec10f0d0cc93

 
 


【大切に丁寧に生きるヒント】無料メルマガ配信中!


◎丁寧に仕事をしたい
◎出会いを大切にしたい
◎仕事も家庭も大切にしたい
◎等身大の自分を好きになりたい


こんな日々を過ごしたい方は、
森田さやかがお届けする無料メルマガ「お便り」を受け取って下さいね!
メルマガ登録▲ご登録はイラストをクリック▲