“さんずいに殿”と書いて澱粉(デンプン)って読むらしい!母と王子のくず餅

“さんずいに殿”と書いて澱粉(デンプン)

澱粉(でんぷん)のみで作られた、王子稲名物のくず餅を頂きました。

頂いた時、説明書に書かれた「澱」の字が分からなくて調べたので、そのままタイトルにしちゃいました。みんなは読めるものなのかな?
“さんずいに殿”と書いて、「おり」「よど」「よどむ」「どろ」「デン」「テン」って読むそうです。

王子の老舗のくず餅を頂きました。

1-P1250003

「石鍋久寿餅店(いしなべくずもちてん)」さんは、100年以上も続く老舗の甘味どころです。
久寿餅、あんみつ類、酒まんじゅう等を、明治から変わらない製法で作られています。

こちらの、くず餅は、とてもこだわった製法で作られています。
小麦から澱粉(でんぷん)のみを分離し、2年の発酵を経て、水晒し(みずさらし)したものを蒸し上げて調製しているそうです。無添加で消化が良く、ビタミンEなども温存されているとのこと。

店舗でも食べられるので、北区の観光名所、飛鳥山、王子神社、王子稲荷神社、名主の滝の帰りに寄られるお客様が多いようです。

最近は、とろとろっとした食感のくず餅が多いので、石鍋久寿餅店さんの、しっかり・どっしりとした食感に懐かしさを感じました。
まだまだ寒いので、熱い緑茶が良く合いました。

16-03-17-18-33-57-477_photo

澱粉を使った王子のくず餅を頂きながら母といろいろお話。

澱粉を使った王子のくず餅を頂きながら、母と話をしました。

これからの仕事のこと、これからの人生のこと・・・お互いに、報告したり、相談したりしながら、じっくりと話しました。

美味しいお茶菓子があると、自然と会話も弾みます。
気がつくと4時間も経っていて、2人でビックリ!しました。

今は、こんなふうに、母といろいろ話ができるようになりましたが、1年前までは、まったく話すことができませんでした。

話をしたら反対されるかな?話をしたら怒られてしまうんじゃないかな?という気持ちが先行してしまい、自分のことを話そうと思えませんでした。

母との関係は上下の関係ではなくて、横の関係

私にとって、母の存在は大きく、絶対的な存在でした。
私の真上に母が存在しているようなイメージです。

でも、その関係が、今は違います。
私の横に母が存在しているようなイメージです。
どちらが上とか下とかではなく、同じ人間として横に並んでいるように感じています。

母と横に並ぶような関係になれる日がくるなんて、1年前の私は、想像できませんでした。

世間から見れば経済的に不安定な活動・・・大きな絵を描くことを通じて、海外の子どもたちの夢を応援する「世界あおぞらお絵かき」の活動を、母はいつも応援してくれています。

第1回開催の際には、一緒にスリランカに来て、サポートしてくれました。

家族からの応援があるだけで、こんなにも頑張れるのかと自分でも驚くくらい、母からの応援に日々支えられています。

母と一緒に作り上げた「世界あおぞらお絵かき」の様子はこちらです。

341f10c1ceefbb50d482ec10f0d0cc93

 
 


【大切に丁寧に生きるヒント】無料メルマガ配信中!


◎丁寧に仕事をしたい
◎出会いを大切にしたい
◎仕事も家庭も大切にしたい
◎等身大の自分を好きになりたい


こんな日々を過ごしたい方は、
森田さやかがお届けする無料メルマガ「お便り」を受け取って下さいね!
メルマガ登録▲ご登録はイラストをクリック▲