インプロ(即興劇)を観に秋葉原の地下へ

彼が4年間続けているインプロ(即興劇)。

 

その公演会があったので観に行きました。

 

彼が初めて、仲間と一緒に企画をした公演会です。

 

「習い事」だったはずなのに、
入場料をきちんといただいて、
観ていただくためにインプロをするため、

 

観ている私は、いつも以上に、手に汗握ってしまいました。

 

子どもの発表会を観る親の気持ちってこんな感じ?!と思いながら、
彼の一挙手一投足にハラハラドキドキ。お客様の反応に一喜一憂しました。

 

インプロ(即興劇)を観に秋葉原の地下へ

 

インプロは、秋葉原にあるインプロジャパンスタジオで行われました。

 

「下手とかないじゃろって!!」と題された今回の公演は、
インプロジャパンの代表、池上奈生美さんが監修してくださったそうです。

(池上奈生美さんの舞台を拝見した時の記事はこちらです。こんなにすごい人なんだぞーっていうことも書いてあるので、チェックしてくださいね。)

 
インプロ2
 

お席は満席。

 

公演時間が50分もオーバーするほどの熱演でした。

 

インプロを観ると、いつも感情が大きく動きます。

 

それはきっと、インプロで起こることが、生き方と重なるからです。

 

相手を尊重するのか、自分を尊重するのか。

周りに同調するのか、自分を突き通すのか。

相手の感情に、どのように反応するのか。

 

インプロの中で出てくる反応は、
人とのコミュニケーションだったり、人との距離感の取り方だったり、
日常の「癖」が出てきます。

 

突発的に反応しなくてはいけない、
瞬時に対応しなくていけない、
そんなインプロだからこそ、日常の「癖」が顕著に現れます。

 

演じているようだけれど、演じてない。
役になりきっているようだけれど、役ではない。
本人そのもの。

 

私は、インプロのプレイヤー(演者)さんから、そんなことを感じます。

 

インプロ

 

インプロ(即興劇)公演を観ての感想

 

今回の公演で最も印象的だったのはAさんです。

 

Aさんが出てくる物語は、笑いが起こります。

 

Aさんが出てくると、当たり前の日常の中にある非日常が物語となって現れるからです。

 

それは、自分の家でのルールが、他の家では仰天するようなルールだったりして、
そこになんとも言えない面白みが潜んでいることと似ています。

 

例えば、1人1本、自分専用の歯ブラシを使っている4人家族からしたら、
1本の歯ブラシを家族4人が一緒に使っている友だち家族のルールには仰天してしまいます。
逆の立場の場合もまた然り。

 

でも、なんだかそこが面白い。

 

Aさんの切り取る風景には、そんな意外性がありました。

 

日常にある非日常だから、「あるある〜!」「わかるかも〜!」と納得したり、過去の経験と重ねながら、
その非日常の変さ加減に、プププと笑ってしまいます。

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-13-42-31
 

Aさんが印象的だったのは、Aさんがつくる世界観ともう1つ、
Aさんのあり方があります。

 

Aさんのブレないあり方に、感銘を受けました。

 

1つの物語で、そろそろ終わりかな?と誰もが感じている中、
そして、会場の誰もが、その物語の終わり方や出てくる人物の次のセリフが予想できちゃう中、
Aさんは、その予想を大いに裏切ります。
 
 

Aさんは、周りの期待やこうあるべき、こうなると物語がまとまるだろうという予想を、
堂々と裏切るんです。

 

周りに流されず、自分のあり方を貫く姿はかっこよかったです。
 
 

ワガママと、頑固と、自分の芯を大切にして貫くこととは、似ているようで違います。

 

Aさんの姿からは、Aさんが自分の芯を大切にして、周りに流されることなく貫く姿を感じました。

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-14-03-56
 

Aさんはきっと、日常の中で、1つの物事も多角的に捉えることができる人なのだろうと思います。
そして、今のAさんは、周りに流されることなく、覚悟を腹に据えて活動をされているのだろうと思います。

 

インプロで出てくる反応は、日常の「癖」です。

 

だから、Aさんの公演を観ていると、日常でのAさんの姿にまで考えが及びます。

 

さて、匿名でおはなししてきた「Aさん」ですが、
最後にどなただったのかをお伝えしちゃいますね。
 
 

Aさんとはこの方、
さとぼうです。

 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-14-17-18
 

「な〜んだ、彼氏自慢かぁ。」
と落胆したあなた、もう少しおはなしを聞いてください!

 

もちろん、パートナーであることは事実ですが、
今回の公演で印象に残ったプレイヤーであることもまた事実なんです。

 

パートナーであるからこそ、私は毎回、他のプレイヤー(演者)さんよりも厳しく彼を見てしまいます。

 

そんな厳しめの色眼鏡を通して見ても、
やっぱり彼の姿から、いろいろと刺激を受けました。

 

さとぼうの物事の見方や捉え方があるからこそ、
彼の元に地方や海外からも人が集まり(羨ましいなって感じちゃうくらいです^^)、

 

さとぼうの決意があるからこそ、
たくさんの人から信頼を受けている(いつもこれを読んでは尊敬しています^^)のだと思いました。

 

かっこいいなぁ。さとぼう。

 

そして、やっぱり素敵だなぁ。マイダーリン♡

341f10c1ceefbb50d482ec10f0d0cc93

 
 


【大切に丁寧に生きるヒント】無料メルマガ配信中!


◎丁寧に仕事をしたい
◎出会いを大切にしたい
◎仕事も家庭も大切にしたい
◎等身大の自分を好きになりたい


こんな日々を過ごしたい方は、
森田さやかがお届けする無料メルマガ「お便り」を受け取って下さいね!
メルマガ登録▲ご登録はイラストをクリック▲