プロフィール

キャラクターと私

森田さやか(もりたさやか)
8月14日生。
東京学芸大学教育学部卒業。

 

森田さやかのこれまで

大学教授秘書&研究員時代

東京学芸大学にて、当時、日本の学校教育では未発達の教育分野である、キャリア教育(お金のこと、将来の仕事のことなどについて学ぶ)について小学校・中学校・高校の先生に対して、授業内容の企画・提案を行う。また、教員を目指している大学生向けに、キャリア教育の講義を担当。

霞ヶ関の法律事務所勤務時代

法律事務所に転職し、パラリーガルとして6年間勤務。

IMG_0785

法律を通じてクライアントさんの心のケアができることを知り、より人の心のケアをしたいと考えるようになる。働きながら、セラピストになるための専門学校に通い、セラピストの資格を多数取得。その時に出会ったコーチング(クライアントさんの自己実現や目標達成を図るコミュニケーション技術)を学ぶ中で、自分が本当にやりたいことが見つかる。

2013.8月 信州大学にてコーチングを使った就活セミナーを開催。

2013.9月 小学生がコーチングスキルを身につけるためのスクール「子どもコーチクラブ」の立ち上げに携わる。
スクール独自のテキストの企画・制作を担当。そこで使用しているテキストの絵やアイディアが口コミで評判になり、絵を描く仕事の依頼を受けるようになる。

P1020278

独立

2015.2月 独立。

2015.1月 3歳〜7歳向けの子どもおえかき教室「まあぶる」を、イラストレーターつぼたみよこさんと立ち上げ、企画・運営・講師を行う。
小学生の頃に、近所のお絵かき教室に通っていた。そこでの、自由に絵を描かせてもらえる喜びや、幼稚園生〜ご年配の方までが一緒に絵を描く楽しさ、絵を見た母の喜んでくれる顔が、ずっと心に残っていたため、いつかお絵かき教室をやりたい!と思うようになり、その夢が、カタチになったもの。

2015.3月 神奈川県の私立幼稚園にて、絵画教室講師をスタート。幼稚園生の部と小学生の部を担当。

2015.7月 「世界あおぞらお絵かき」をスタート。
「世界あおぞらお絵かき」とは、発展途上国といわれる国へ赴き、現地の子どもたちと絵を描くことを通じて、子どもたちの夢を応援する活動。

 

 

メディア実績

■ 2016/7/29

朝日新聞社運営クラウドファンディングサイト「A-port」の広告モデルに起用されました。

詳細ページ
 


■ 2016/6/30

アメリカ合衆国のリベラル系インターネット新聞「The Huffington Post(ハフィントン・ポスト)日本版」に取材していただきました。

「スリランカの孤児施設で暮らす子どもたちを絵を通じたコミュニケーションで応援したい」
 


■ 2016/6/24

朝日新聞社運営クラウドファンディングサイト「A-port」の公式Facebookページに私の記事が掲載されました。

掲載記事(Facebook)
ご紹介いただいた私の記事
 


■ 2016/6/17

朝日新聞社クラウドファンディングサイト「A-port」の公式Facebookページに私の記事が掲載されました。

掲載記事(Facebook)
ご紹介いただいた私の記事
 


■ 2016/5/3

サイト「ケノコト」に主催しているお絵かき教室の様子が掲載されました。

[開催レポート]ケノコト × EBICEN ~ 世界にひとつだけの手作りネームキーホルダー(by:お絵かき教室まあぶる)
 


■ 2015/10/27

サイト「ケノコト」に主催しているお絵かき教室の様子が掲載されました。

絵が苦手なママの味方 絵を描くコトの楽しさを伝える「子どもおえかき教室まあぶる」開催レポート
 


■ 2015/7/29

スリランカのShinagawa Beach公式Facebookページに「世界あおぞらお絵かき」のイベントの様子が、掲載されました。

掲載記事
 


■ 2014

サイト「パシャデリック」に撮影した東京タワーの写真が掲載されました。

 

 

受賞歴

■ 2016

森田さやかが代表を務める「世界あおぞらお絵かき」のクラウドファンディングがわずか13日間で目標金額を達成


■ 2014

サイト「パシャデリック」 東京タワー写真 掲載


■ 2013

三井住友不動産ビルマネジメント主催 クリスマスフォトコンテスト 1位


■ 1997(中学3年)

豊島区立中学校連合作品展覧会 優秀賞


■ 1995 (中学1年)

明るい選挙啓発ポスターコンクール 中学生部門 入選(応募数326点/中学生部門)

豊島区中学校連合作品展覧会 優秀賞

東京都中学校美術展(東京都美術館展示) 選出


■ 1992 (小学生)

豊島区青少年まんがコンペティション‘92 小学生部門 優秀賞(応募数181点/小学生部門)

 

 

森田さやかのいろいろ

◼︎ 好きな食べ物:クッキーとメンマ

「好きな食べ物は?」と聞かれて、「クッキー!」と答えると失笑されます。

「あとね、メンマも好き!」と続けると、大笑いされます。

 

◼︎ 好きなこと:本を読んでいる時間

小説を読んでいる時間が好きです。
タイトルや作者さんを覚えていなかったり、読み終わると登場人物の名前を忘れてしまったりします。
私にとって、本を読んでいる、その時間が楽しいのです。

本の魅力は、パッと本を開いた瞬間に別の世界へ入り込めるところです。

好きな本の基準は「綺麗な言葉」が並んでいるかどうかです。
綺麗な言葉や素敵な表現に出逢いたくて本を開きます。
私の中にぼんやりとあった感情が、本の中で言葉で現わされていると「う〜ん!たまらんっ!」と震えます。

好きな作品は、展開が読めないワクワクドキドキするお話よりも、日常の一部を切り取ったようなお話が好きです。

3冊の本を同時に読み進めることができるのは私の特技です。
持ち歩く本。お風呂の中で読む本。寝る前に読む本。がそれぞれあり、1日に3つの世界を行き来します。

今、私が1番好きな作家さんは、山崎ナオコーラさん。
彼女の作品は私に、「たまらんっ!」な言葉との出逢いをいっぱいくれます。

 

◼︎ 特技:誰とでも仲良くなれること

カフェで、電車の中で、街中で、ワークショップやセミナーで、出逢った方と仲良くなって話が盛り上がったり、一緒にご飯を食べに行く私の姿を見た彼から「すごい!」「どうして仲良くなれるの?」と驚かれたことをきっかけに、誰とでも仲良くなれることが私の特技だと感じるようになりました。

私の噂を聞いた方から、誰とでも仲良くなる方法についてのインタビューを受けたこともあります。

 

◼︎ 動物占い:愛情溢れるトラ

友人やパートナーから「動物占いが当たりすぎてる!」とのことなので、プロフィールにも書いてみますね。

私は「愛情溢れるトラ」です。占いによると性格の特徴は・・・
・バランス感覚が抜群
・相手の言い方が気になる
・全体像をつかめないとダメ
・納得してから行動する
・カラフルな色遣いが好き
・自由・平等・博愛主義で親分肌
・笑いながらキツイひと言が言える
なのだとか。

 

◼︎ 数秘占い:33

動物占い以上に、友人やパートナーから「まさにあなたのことだね!!」といわれるのが数秘占いです。なので、こちらもプロフィールに書きますね。

数秘占いで私は33なのですが、33の特徴は、規格から外れてしまうほど器が大きくスケールが普通の人と違うようです。自分の事より人類や世界に気持ちが向くので、人類単位、宇宙単位で物事を考え、困っている人を見たらほって置けない愛情深い性格なのだそうです。