クラウドファンディングの挑戦を前向きにしてくれた2つの言葉 その2

子どもたちの夢を、大きな紙に絵を描くことを通じて応援する「世界あおぞらお絵かき」という活動をしています。
その活動を、次回はクラウドファンディンで行うことを決意ました。
(クラウドファンディングを行うことを決意した時の記事はこちらです。)
 
私が、クラウドファンディングに挑戦する姿が、これまで「世界あおぞらお絵かき」で出会った子どもたちの勇気になれると信じ、挑戦の日々を記録しています。
 
世界あおぞらお絵かき品川ビーチ
 
 
クラウドファンディングを実際にスタートさせるまでに、本当になんどもなんども悩みました。
「今なら辞められる!」って、サイトリリースの数分前まで考えていたくらいです。
 
2月22日にやる!と決めて、4月27日にサイトをリリースさせるまでの間の感情のダウン時期を支えてくれ、スタート地点に立てるように背中を押してくれた言葉があります。
 
特に忘れらない、
特に私を前向きにしてくれた、
特別な2つの言葉をご紹介します。
 
スクリーンショット 2016-07-18 17.42.04
 
ご紹介する言葉は・・・
 
失敗したら
失敗したということが分かるだけ

 
です。
 
 
私は、クラウドファンディングをスタートさせても、誰からも出資してもらえないんじゃないかって不安でした。
 
誰からも出資してもらえないということは、
私が信じ、大切にしてきた活動が、
本当は、自己満足な活動で、世の中からは共感してもらえない活動であるという「評価」が下されることだと感じていました。
 
それに、クラウドファンディングは、オープンな場です。
目標金額を達成しなければ、「失敗した」ということが、誰からも一目瞭然です。
そんな状況は耐えられないって思いました。
恥ずかしすぎるし、ダサすぎるって思いました。
 
さらには、クラウドファンディングサイトには、一生「失敗」したことが残り続けてしまいます。
今後、活動を続けていく上で、失敗したことがネックになってしまうのではないかと心配でした。
 
 
今思えば、「失敗」するということに対して、過度に恐怖を感じていたのだと思います。
そして、「目標金額を達成」するという、良いイメージを少しも想像できていなかったのだと思います。
 
スクリーンショット 2016-07-18 17.46.06
(出典:http://www.globe-antiques.com/)
 
クラウドファンディングのサイトの審査がどんどん進み、
まだまだと思っていたサイトリリースが目前となった4月、
「失敗」への恐怖心が、最大になっていました。
 
そんな私を救ってくれたのが
「失敗したら、失敗したということが分かるだけなんじゃないかな」
という言葉でした。
 
言葉をかけてもらった瞬間、スーッと肩の力が抜けたのを覚えています。
 
失敗したからって、私の活動そのものが否定されるのではなくて、私の活動を知ってもらうための伝え方ややり方が違っていただけということが、分かることなんだって考えられるようになりました。
 
 
<こちらの記事も合わせて読まれています>
クラウドファンディングの挑戦を前向きにしてくれた2つの言葉 その1

1 個のコメント

  • […] 子どもたちの夢を、大きな紙に絵を描くことを通じて応援する「世界あおぞらお絵かき」という活動をしています。 その活動を、次回はクラウドファンディンで行うことを決意ました。 (クラウドファンディングを行うことを決意した時の記事はこちらです。)   私が、クラウドファンディングに挑戦する姿が、これまで「世界あおぞらお絵かき」で出会った子どもたちの勇気になれると信じ、挑戦の日々を記録しています。       クラウドファンディングを実際にスタートさせるまでに、本当になんどもなんども悩みました。 「今なら辞められる!」って、サイトリリースの数分前まで考えていたくらいです。   2月22日にやる!と決めて、4月27日にサイトをリリースさせるまでの間の感情のダウン時期を支えてくれ、スタート地点に立てるように背中を押してくれた言葉があります。   特に忘れらない、 特に私を前向きにしてくれた、 特別な2つの言葉をご紹介します。       ご紹介する言葉は・・・   うん。うん。それはそうだよ。   です。     リーターン(出資金額に応じた金銭以外のモノやサービス、権利をお渡しします。詳しくはこちらのページへ)を何にするのか?を悩んでいた3月はじめ、 出資を募って、自分の活動を応援してもらうということに、なかなか実感が湧かなくて、 ただ漠然とした大きな恐怖心につぶされそうになっていました。   クラウドファンディングの運営をしているA-portの担当者さんと、 クラウドファンディングを提案してくれた山形則子さんには、「挑戦してみる!」と言ったものの、   そして、退路を断つためにFacebookで、「挑戦します!」と宣言をしてみたものの、   クラウドファンディングのサイトに掲載していただく文章も、リターンも決まっていない状況だったため、「辞めたい」と言いやすい状況でした。   それでも、挑戦したい!逃げたくない!という気持ちも存在していたので、 同居する、相反する感情に、葛藤する毎日でした。   この頃は、 「挑戦したい!」という気持ちを応援してほしくて、友人に相談したり、 「辞めたい!」という気持ちにOKを出してもらいたくて、友人に相談したりしていました。   私の感情のアップダウンによって、「相談」に対して私が求めることが違っていたんです。   「大丈夫だよ」 「応援してるよ」 「頑張ってるね」 「頑張れ」 と優しい言葉をたくさんもらいました。     そんな中、 「うん。うん。それはそうだよー。こわいに決まってるよ。」 とだけ言ってくれた方がいます。   たまたまカフェで数分だけお会いした時に、「すっごく、こわいんです。」とポロリと漏らした私の言葉に対し、この言葉をかけてくれました。   涙が出そうになるほど嬉しかったです。   あぁ、私は、ただ共感してもらいたかったんだって、この時に思いました。   応援もしてもらいたかったし、辞めてもいいともいってもらいたかったけど、 その前に、私の気持ちを分かってもらいたかったんだって思いました。     「やる」も「やらない」も自分で決めることだから、 恐怖心も1人で抱えるものだし、1人で戦うことだと思っていました。   誰かに相談しても、結局は1人・・・孤独だって感じていましたし、それが当然だと思っていました。   だから、ただ「そうだよね」と共感してもらえたことで、1人じゃないんだって感じることができました。 そう思えることで、自然と気持ちが前向きになれました。   この言葉で、私の中にあった氷が溶けたような、そんな穏やかな気持ちになりました。     <こちらの記事も合わせて読まれています> クラウドファンディングの挑戦を前向きにしてくれた2つの言葉 その2 […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です