コクヨカフェ「THINK OF THINGS」レポ!ノマド可?最寄駅は原宿or千駄ヶ谷?

イラスト 調査隊&文字

 

コクヨといえば日本の文房具老舗メーカーですが、そのコクヨのカフェが東京の原宿と千駄ヶ谷の間にあるというので、調査をしに行ってきました!

 

では、さっそくコクヨカフェ「THINK OF THINGS(シンク オブ シンクス)」のレポートをします。

 



 

コクヨカフェ「THINK OF THINGS」は原宿と千駄ヶ谷どっちが近い?

コクヨカフェ「THINK OF THINGS(シンク オブ シンクス)」に行くには、原宿駅と千駄ヶ谷駅のどちらの駅から行くのが近いのでしょうか?

 

コクヨカフェの住所は東京都千駄ヶ谷ですが、最寄駅は「原宿駅」です。

 

原宿駅と千駄ヶ谷駅を含めた最寄り駅からコクヨカフェまでの所要時間をGoogleマップで検索してみました。

コクヨカフェに訪れる際の参考にして下さいね。

 

原宿駅からコクヨカフェまでは、約5分。

千駄ヶ谷駅からコクヨカフェまでは、約15分。

北参道駅からコクヨカフェまでは、約11分。

表参道駅からコクヨカフェまでは、約17分でした。

 

 

コクヨカフェ/THINK OF THINGS(シンク オブ シンクス)のレポート

イラスト お隣さん吹き出し


 

コクヨカフェ「THINK OF THINGS(シンク オブ シンクス)」の店内をレポートしますね。

 

原宿駅竹下口を出て、そのまま左の方へと道なりに進んでいくと、コクヨカフェがありました。

 

P1380592

 

こちらが入口です。

 

カフェの入口には白色と黄色の看板が立っています。

 

P1380597

 

どちらの看板も「THINK OF THINGS(シンク オブ シンクス)」としか書かれていないので、コクヨのカフェって分からないですね。

 

P1380591

 

コクヨカフェ入口には、セルフのコーヒースタンドもありました。

 

セルフのコーヒースタンドは、コーヒーのポットと一緒に、紙コップと蓋・スリーブ・砂糖・ミルク・ナプキン・マドラーが用意されています。

 

P1380594

 

コーヒースタンドがオフィス用品で作られているのが、コクヨらしさが出ていてかわいいです。

 

P1380595

 

セルフのコーヒーの方が、店内のカフェを利用するよりリーズナブルな価格で楽しめるようです(セルフのコーヒーが200円。店内のコーヒーが360円〜)。

 

お昼過ぎ頃に来訪したこともあり、コクヨカフェの近くで働く方が次々と、入口にあるセルフのコーヒーを買いに来ていました。

 

店内へと足を踏み入れると、かわいいパンがお出迎え。

 

コクヨの文房具同様、シンプルで洗練されたパッケージデザインに、キュンキュンしちゃいました。

 

P1380590

 

陳列されているパンを見ながらL(エル)字のカウンターの角を曲がると、次は、コーヒーのスペースがありました。

 

P1380588

 

 コーヒースペースも、コクヨらしさの伝わるシンプルな作りでした。

 

P1380587

 

シンプルで、洗練されていて、おしゃれ。

 

私の家も、こうありたいな〜なんて思いながら眺めていました。

 

P1380585

 

コーヒースペースを抜けると、コクヨの文房具のスペースになっていました。

 

P1380586

 

クリップや瓶、ノート、鉛筆などの小さな文房具から、スチールトレイやラックなどの大きめのオフィス用品までいろいろありました。

 

P1380584

 

はぁ〜美しい・・・とため息が出てしまったほど、改めてコクヨのシンプルで洗練されたデザインの文房具に、うっとりしました。

 

文房具スペースの奥へとさらに足を進めると、中庭がありました。

 

P1380578

 

スライド式の扉を開けて、中庭へと出れます。

 

天気の良い日は中庭で日向ぼっこをしながら、都会の喧騒を忘れてコーヒーを楽しむのもいいですね。

 

旦那さんが中庭に作られたベンチに座ってます。

 

旦那さん側(ベンチ側)からの風景はこのような感じです。

 

P1380579

 

コクヨカフェは入口から、パンとコーヒーのスペース→文房具スペース→文房具に囲まれたカフェスペース→中庭(ベンチ)と奥に長い作りになっていました。

 

イラスト コクヨカフェ間取り

 

決して広いわけではありませんが、全てのスペースがシンプルなので、広くゆったりとしているように感じました。

 

コクヨカフェ「THINK OF THINGS」はノマドスペースとしてどうか?

コクヨカフェのカフェスペースは、ノマドスペース(パソコン作業スペース)としてどうなのでしょうか?

 

フリーランスで仕事をしている私は、新しいカフェを見つけると、ノマド利用できそうか?も毎回チェックします。

 

コクヨカフェのノマド(パソコン作業)利用の視点レポもしてみますね。

 

イラスト 虫眼鏡

 

コクヨカフェのカフェスペースは、全部で4箇所です。

  1. コクヨカフェ入口のベンチ(個々の椅子)
  2. カフェ入ってすぐのところにあるベンチ(長椅子)
  3. 文房具に囲まれた机と椅子のあるカフェスペース
  4. 中庭に設置されたベンチ(屋根付の長椅子)

私の結論から言うと、コクヨカフェは「ノマド(パソコン作業)利用には向いていない」と思います。

 

カフェスペースは全部で4箇所もありますが、基本的に、机がなくベンチだけです。

 

カフェスペース①コクヨカフェ入口のベンチ(個々の椅子)

 

P1380596

 

カフェスペース②カフェ入ってすぐのところにあるベンチ(長椅子)

 

P1380589

 

カフェスペース④中庭に設置されたベンチ(屋根付の長椅子)

 

P1380580

 

どうでしょうか?パソコン作業は難しそうですよね?

 

作業をするとしたら、膝の上にパソコンを乗せて簡単なメールを返信したり、本を読んだり、簡単なメモを取ったりくらいでしょうか?

 

唯一、机のある文房具に囲まれたカフェスペースも、ゆっくりパソコン作業をするスペースという雰囲気ではありません。

 

カフェスペース③文房具に囲まれた机と椅子のあるカフェスペース

 

P1380576

 

tot_11(ソファー席を撮り忘れちゃったのでお借りしました。出典:https://allabout.co.jp/gm/gc/469463/)

 

文房具に囲まれた空間なので、文房具を見ているお客様が入れ替わり立ち替わり、席の周りをウロウロ。

 

だから、作業に集中できるような環境ではないんです。

 

コクヨカフェは、ノマドスペースとして利用するよりも、一人で気分転換にゆっくり過ごしたり、友人と軽く休憩するために利用したりするのがイイと思います。

 

 

コクヨカフェ「THINK OF THINGS」ってどんな所?

コクヨのカフェ「THINK OF THINGS(シンク オブ シンクス)」って、そもそもどういう場所なのでしょうか?

 

コクヨの文房具とカフェのお店というのは分かるのですが、きちんと知りたい!ということで調べてみました。

 

コクヨカフェ「THINK OF THINGS」ってどのような空間なの?

コクヨ株式会社が、東京・ 千駄ヶ谷にライフスタイルショップ&カフェ「THINK OF THINGS (シンク オブ シングス)」のオープンに際して、発表した内容の一部をご紹介します。

 

今回オープンする「THINK OF THINGS」は、「ワーク とライフの境界を超える」をテーマとしています。暮らしと仕事(学び)を割り切って考えるのではなく、同じベクトルで見渡すことで、より自分らしさを認識したり、自分の可能性を見出すことにつながるのではないでしょうか。
(出典 http://www.kokuyo.co.jp/topics/detail/pdf/20170419_NewsLetter.pdf)

 

施設内にはレンタルも可能な多目的スペース「STUDIO 」(2階)、コクヨオフィス(3階)を併設し、さまざまなかたちでお客様や地域の皆さんと交流を持ちながら、顧客接点の場を活用したスピード感のある商品・サービス開発も実践していきます。
(出典 http://www.kokuyo.co.jp/topics/detail/pdf/20170419_NewsLetter.pdf)

 

CAFE(1階)
OBSCURA COFFEE ROASTERSプロデュースの、自分好みを選べる4種のコーヒーを基本としたドリンクメニューと、お店で揚げる出来立てコロッケを挟むなど、フード系とスイーツ 系を揃えたワンハンドスタイルのコッペパンサンドを提供します。

STUDIO(2階)
2階の多目的スペースでは、自主企画のイベントを開催しながら、レンタルスペースとしての開放を予定しています。 面積:約28坪/席数:32席

スクリーンショット 2017-09-01 12.39.38

(出典 http://www.kokuyo.co.jp/topics/detail/pdf/20170419_NewsLetter.pdf)

 

「THINK OF THINGS」はコクヨ株式会社が、これまで学びや仕事の場に特化して提供してきた文房具やオフィス用品を、生活の場にも!という提案を私たちにしてくれている場所なのですね。

 

コクヨの商品を手に取れるカフェの他にも、2階にレンタルスペース、3階にコクヨのオフィスもあったのは気付きませんでした。

 

P1380593

 

コクヨカフェ「THINK OF THINGS」の気になるメニュー

コクヨカフェ「THINK OF THINGS」の気になるメニューはこちらです。

 

「THINK OF THINGS」ホームーページより引用いたしました(http://www.think-of-things.com/cafe/)

 

DRINK

  • コーヒー

本日のコーヒーM 360 / L 400

アイスコーヒーM 400 / L 450

ハンドドリップ (HOT)各種M 500 / L 550

ラテ (HOT)(ICE)M 450 / L 500

キャラメルラテ(HOT)(ICE)M 480 / L 530

アフォガードM 450

 

  • ハーブティ

カモミール400

ピーチフレーバーローズヒップ450

ルイボスミント450

 

  • その他

ジュース(オレンジ/アップル)各種480

ビール(ハートランド)600

ミネラルウォーター(ガス入り/ガスなし)400

 

FOOD

  • 惣菜パン

ハム&チーズパン360

ツナパン360

たまごパン360

コロッケパン400

鶏ささみパン450

唐揚げパン450

サーモン&アボカドパン550

ローストビーフパン550

トンカツパン550

 

  • 菓子パン

ブルーベリー&チーズパン250

いちご&チーズパン250

あん&チーズパン250

あげパン250

 
 

コーヒーは、「OBSCURA COFFEE ROASTERS(オブスキュラ コーヒー ロースターズ )」という、東京の三軒茶屋にあるコーヒー専門店がプロデュースされているそうです。
世界中のコーヒー農園を直接訪れて買い付けを行っているような、こだわりのコーヒー専門店のようです。

 

コッペパンはメニューの中から日替わりになるようなので、全てのメニューが揃っているわけではないみたいです。
お店で揚げるコロッケパンが人気なんだとか!

 

コクヨカフェ「THINK OF THINGS」の詳細情報

THINK OF THINGS(シンク オブ シンクス)
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1
最寄駅:JR原宿駅 竹下口
メール:info@think-of-things.com
営業時間:10:00-20:00
定休日:第3水曜日
タバコ事情:完全禁煙
H.P.:http://think-of-things.com/

 

おわりに

いかがでしたか?

 

コクヨの文房具は、子どもの頃も社会人になってからも、ずっとお世話になってきました。

 

ずっと近くにいてくれた文房具をコクヨカフェ「THINK OF THINGS」で見た時、そのシンプルで洗練されたデザイン性の素晴らしさに、改めて気づきました。

 

昔から変わらず愛される文房具は、長年愛されるだけの素晴らしいデザインが施されているんですよね。

 

コクヨカフェ「THINK OF THINGS」に行ったことで、文房具を「使うもの」としての面だけじゃなく、「デザイン」の面からも見るきっかけになりました。

341f10c1ceefbb50d482ec10f0d0cc93

 
 


【大切に丁寧に生きるヒント】無料メルマガ配信中!


◎丁寧に仕事をしたい
◎出会いを大切にしたい
◎仕事も家庭も大切にしたい
◎等身大の自分を好きになりたい


こんな日々を過ごしたい方は、
森田さやかがお届けする無料メルマガ「お便り」を受け取って下さいね!
メルマガ登録▲ご登録はイラストをクリック▲