『あん』ドリアン助川・著の付箋ページ

本を読んでいて、私が付箋をつけたページをご紹介しています。
 

付箋のページ-01 
 

本日の1冊:『あん』 著者・ドリアン助川
 

51m1drj8rsl-_sx338_bo1204203200_
 

内容:舞台は小さなどら焼き店。店主は、人生を投げやりに過ごしている千太郎。千太郎がいつものように鉄板に向かっていると、バイトの求人をみてやってきたのは、70歳過ぎの手の不自由な女性、吉井徳江だった。彼女のつくる「あん」の美味しさに魅了された千太郎は、彼女を雇うことに。すると、それまで閑古鳥の鳴いていた店は繁盛しはじめる。しかし、偏見のなかに人生を閉じ込められた徳江と千太郎は別々の道を歩むことに…。

 

『あん』 著者・ドリアン助川の付箋ページ

 

私が、『あん』の中で付箋をつけたページは、ラストに近い部分です。

 

千太郎は、営んでいる小さなどら焼き屋も、もともとは事情があって仕方なく始めた仕事。

 

お店に立つといっても、お店を開けるのはお昼頃だし、
あん(餡)も出来合いの物を使用しているくらい、
ダラダラと仕事をしています。

 

仕事だけでなく、人生にも投げやりな千太郎。
その姿から、私は、彼は生きているというよりも、死に向かってただ時間をやり過ごしているように感じました。

 

そんな、お店にも人生にも、投げやりな千太郎が、
70歳過ぎの手の不自由な女性、吉井徳江と出逢い、そして理不尽な…でもどうにもならない理由での別れを経た後、
道端に向かって、声を発するんです。
その言葉が心に残りました。

  
 
「どら焼きいかがですか!」
 


 
私は、「どら焼きいかがですか!」の言葉に、涙が溢れました。

 

この言葉に、千太郎の魂を感じたからです。

 

この言葉は、千太郎の決意であり、宣言であり、魂だと感じたんです。

 

千太郎は、自分の「生き方」を決めたのだと思いました。

 

千太郎は、吉井徳江との出逢いを経た後も苦しい状況はから抜け出せませんが、
というか、むしろ、より追い詰められていくのですが、
それでも、声を上げるんです。
「どら焼きいかがですか!」って。

 

この本を読んでいる時、私は生き方に迷っていました。

 

そして、その答えを周りの人のブログやフェイスブック、情報の中から探そうとして、
いろいろな人の価値観に振り回されていました。

 

そんな時に出逢ったのが「どら焼きいかがですか!」です。

 

自分自身が良いと感じたことを、素直に「良い」と声を上げる。
ただ、それだけでいいのだと分かったんです。

 

自分自身の心から出てくる、
おいしい たのしい きれい しあわせ すき・・・
の気持ちを1番大切にしていい。

 

人の意見とか、周りの情報とかじゃなくて、
自分を信じていい。
 
 

自分が信じていることをやれば(声に出せば)いい。
 
 

やる(声を出す)というのは、自分の生き方を宣言すること。

 

世の中に対しての宣言。
そしてなにより、自分自身に対して、私は、こう生きるのだ!という宣言。

 

「どら焼きいかがですか!」から、そんなことを感じました。

 

◆本日の1冊:『あん』 著者・ドリアン助川
51m1drj8rsl-_sx338_bo1204203200_
アマゾン詳細ページへ

341f10c1ceefbb50d482ec10f0d0cc93

 
 


【大切に丁寧に生きるヒント】無料メルマガ配信中!


◎丁寧に仕事をしたい
◎出会いを大切にしたい
◎仕事も家庭も大切にしたい
◎等身大の自分を好きになりたい


こんな日々を過ごしたい方は、
森田さやかがお届けする無料メルマガ「お便り」を受け取って下さいね!
メルマガ登録▲ご登録はイラストをクリック▲